狭いところがお好き?どんなに小さな箱にも入っちゃう猫の箱愛に癒される

箱を見たら入らずにはいられない!というペットの猫を使い、どのくらい小さな箱まで入ってくれるのかを試した実験動画です。
ラストには驚きの結末が待っているので、飛ばさずに見てみてください。

それで満足?

アニマルパーク いきなり小さいバンボール箱を与えたところ一気に走ってきて飛び込みました。
とは言っても前足を入れるのがやっとの大きさなので身体は入りません。
どうするのかを見ていると何と顔だけを箱に突っ込んでいます!苦しそうに見えますが本人は尻尾を振って楽しそうです。

薄くてもオッケー

アニマルパーく お菓子の詰め合わせなどに見られる箱の薄い蓋でも喜んでやってきました。
最初は前足だけ入れて満足そうでしたが、次第に全身で蓋を包む形になっています。
突起している部分が痛そうですが、やはり本人は気にしていない様子。

箱なら形も気にしない!

アニマルパーク 最後にはノートや資料を入れるあのスリムな箱でチャレンジです。
高さもあるし、どうやって入り込むのかと思いきや・・・まさかの助走を付けてジャンプ!
見事に入れたものの、やはりすぐにバランスを崩して倒れてしまいます。
最終的には倒れた箱に寄り添うだけで満足しているようでした。

結果として猫はどんな箱でも喜んで入ってくる事が分かりました。それがどんなに小さな箱でもです。
狭いスペースが好きなのは知っていましたが、まさか自分の身体よりも明らかに狭い場所でも気に入るとは思いませんでした。
箱に収まった時の満足げな顔にハマってしまいそうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です